2014年7月14日

「コンビニで待機」命令




旦那くんは、めちゃくちゃ心配性&過保護。

小猿妊娠中にも、音が大きいから映画館には行くな、コンビニの前ではタバコを吸っている人がいるからコンビニの前は通るな、マスクは2重しろ、などなど、色々と命令を受けて来た。

そして、小猿が産まれてからも心配性は加速する一方。
色々な育児書を読んで、やって良い事あかん事、頭でっかちになっている。

そんな旦那くんが最近気になって仕方がないのが「音」




我が家から近所のスーパーに行くまでには、大きな道を渡らなくてはいけない。
その道路の騒音が最近気になって仕方ないらしい。

道路の騒音が小猿の耳に良いわけがありません!排気ガスもよくありません!

と拳を握りしめて訴える。

この地図↓を見て頂きたい。
道路を渡る前にはコンビニがある。

道路の騒音から小猿を守るために、信号が赤の場合、横断歩道手前で待つのではなく、コンビニの中で待て!と命令が下った。





嫌やわ!


コンビニで何か買うんやったらまだしも、これからスーパーでお買い物しよう思ってる時に、コンビニに用ないもん。毎回毎回そんなんやってられへんー!コンビニは待合室ちゃうねんで。

と反論したが、

小猿の聴力は大切ではありませんか?

と睨め付ける。


あんな、世界にはもっと騒がしい場所で育っている子どもがようさんおるねん。それでもちゃんと耳聞こえてるって。小猿なんか、普段家では自分と私の声以外には何にも音がせんところにおるねんから、1日の中で3分騒がしい場所におっても大丈夫やって。

と言ってみたが、効果なし。

コンビニで待って下さい。いいですか?

・・・。

あーややこしい人。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2 件のコメント:

  1.  出産後の小児科の先生の育児講習できいたのですが、胎内にいるとき赤ちゃんの耳にはテレビの音声レベル20以上の音でお母さんの心臓の音や移動のときの振動音がきこえているそうです。
     だから、何も聞こえないしずかーな環境で育てていると、微細な音でお目覚めになっちゃう繊細な赤ちゃんになるので、多少うるさいところで育てたほうが、お母さんも神経質にならずにすむので良い、あと、二人目三人目の赤ちゃんなんか上の子供達がどんなにうるさくても適当に寝ているのだから、赤ちゃんは環境に順応するものなのだから、一人目のお子さんのお母さんたちは適当にそだてていいんですよと小児科の先生が言っていました。

    返信削除
    返信
    1. アルトワさん♬

      私も色々と調べて、ちゃんとした知識をどんなに説明をしても、きっと自分が音に敏感だから、気になるんでしょうね…。
      幸いにもうちの子は、一度寝てしまうと横で掃除機をかけても起きないくらい眠りが深い子なので、今のところ悪い兆候は見られないのですが…。問題は、子どもよりも、旦那くんです、ほんと。

      削除