2014年12月16日

断乳は突然に




断乳するやらしないやら迷ってうじうじ言ってたけど、断乳は突然やって来ました。

私が感染性胃腸炎になってしまい、服薬しないとしんどくてどうにもならん!という状態に。旦那くんと話し合って、何よりも小猿にうつしたらあかんし、即急に服薬を開始。やはりお薬を飲むので母乳に影響があるし、断乳を決行することに。

それから2日間私が寝込んでいる間、旦那くんが一日中小猿の面倒をみてくれたんやけど、夕方お風呂後に「さあ、おっぱい欲しがってぐずるぞ〜」って隣の部屋から思ってたら


速攻寝た。チーン…。


まあでも寝かしつけたんが旦那くんやったから、おっぱいもらえないのわかってたんかなーって勝手に納得。次の日は私が寝かしつけたんやけど、パジャマを着せて、はいおやすみって電気を消したら


速攻寝た。チーン…。



いとも簡単に断乳完了。うっそーん。ギャンギャン泣かれるのも辛いんやけど、あっさりし過ぎやろっ!ちょっとは寂しがってーや。



断乳完了を私の母にLINEで報告。


※まずいお茶というのは、母乳の出をよくするハーブティーのこと。なんとも言えないカレー風味で毎日飲むのがとてもとても辛かった。


すると母からの返答が…



それ言うかーーーーーー(°_°) 
でも大いにありうる。


小猿、1歳を目前にして、また成長!そして自分、よう頑張った!

離乳食が始まるまでは、ずっしりしたおむつを替えるたびに、「これだけの量のおしっこが出るくらい母乳が出てるんやから大丈夫!」って自分に言い聞かせて頑張ってきた。

なかなか出ない母乳に悩んで一喜一憂し、母乳のために食べて太り、そしてまた悩み、紆余曲折あったけど、やっぱりあきらめずに母乳で頑張ってよかった。



授乳が終わった開放感半端ないです。今までは母乳のために強迫的に水を飲み、食事を摂っていたので、それから解放されて、肩の荷が下りた。普通の食事ができるってこんなに幸せなのかー!って。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿