2015年2月18日

「バレンタインですね」攻撃に屈する

もうかなり前のネタになりますが…。

2週間前の土曜日(バレンタインの1週間前)は、砂町にあるボーネルンドのKid-O-Kidに行って来ました。

小猿は大興奮。ボールプールでザバザバ泳いだり、サイバーホイールの中をハムスターみたいに回ったり、ずーっと笑顔。ゲームセンターの横にあるからちょっとうるさいのが残念やったけど、本人が楽しそうやったから何よりでした。



* * * * *



Kid-O-Kidに向かう道中の地下鉄車内で、「チョコレートフェア」のつり革広告を見た旦那くん。

来週はバレンタインです!

と何故か急にテンションアップ。


我が家はイベントは、クリスマス、結婚記念日、お誕生日のみ。それ以外は基本的にスルー。バレンタインにチョコレートをプレゼントしたことは、覚えている限りない。旦那くんが、それ程チョコレートが好きでなかったり(ちなみにノルウェーのチョコレートやと喜んで食べる)、付き合いだした頃からの名残り(欧米では男性から女性へ愛情表現する日やからね)だったりで、10年近くこの構図。

バレンタインやからと言って私が何かする訳でもない。旦那くんもこれまでにバレンタインやからと言ってチョコレートを欲しがったこともない。

なので、電車の中で「バレンタイン」「バレンタイン」と喜ぶ旦那くんを見て、なんでこんなテンションあがっとんねん?と冷ややかな目で見ていたわけですが…。



帰りの電車の中でも、バレンタインとテンションが上がる旦那くん。チョコレートフェアの広告を見ながら、




生チョコレートはそんな好きじゃないです…


1つ何百円もするチョコレートを食べたことがあるけど味の違いがわからなかったです…


チョコレートケーキもそれほど食べたいと思わないです…


あ!ブラウニーが食べたいです!


ブラウニーしばらく作ってないですよね?


ブラウニーしばらく食べていないです!


ブラウニー食べたいでしょ?


バレンタインにブラウニー食べたいでしょ?





とさらにテンション高くバレンタインにブラウニー攻撃が始まった。

正直なところ私はブラウニーの気分ではなかった。暖房ガンガン入る車内にいると、ブラウニーよりもアイスクリームの方が食べたい。と答えると



ブラウニーとアイスクリームは最高のコンビです。

バレンタインにピッタリです。



そうですか…。


「バレンタインにブラウニーを作って欲しいな」と言ってくれればそれまでやのに、なんでそれが言えん!


でもその後も、バレンタインブラウニーバレンタインブラウニーバレンタインブラウニーバレンタインブラウニーバレンタインブラウニーバレンタインブラウニー…言われまくって、もうええわ、作るから、もうブラウニー言わんといて、と私が屈してしまった。



せやから、作ったよ。家にあったココナッツを入れてココナッツブラウニー。せっかく作るんやったら楽しんだろ思ってムーミン、バイキング、ダーラナホース、ハートの型を作ったった。





ムーミンなかなか上手にできたと思ったんやけど、腕ないとのツッコミが。せっかく作ったのにそういうツッコミは入りません。



そしてバレンタイン当日(↑はバレンタイン前週の日曜日)。私はブラウニーで役目は果たしたし、当然何も用意してなかった。

朝食の準備をしている時に、小猿に「マンマ!」と呼ばれたから振り向いたら、小猿がチョコレートの箱をにっこり笑いながら「どじょ(どうぞ)」してくれました。

単純に嬉しかった(笑)







にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2 件のコメント:

  1. こんにちは!
    旦那さん、こっそりと計画立ててたから、自分もブラウニーが食べたかったんでしょうね。それにしても、どうやったらこんなに可愛い型がブラウニーに書けるんですか?ココナッツパウダー?
    旦那さんからではなく、あえて息子さんからのプレゼントっていうのが、嬉しさも倍ですね。

    返信削除
    返信
    1. >ayatingさん、こんにちは :)
      どうでしょうね…ブラウニー作ってもらったから、お返しだったのでは?と疑っていますw
      絵は、厚紙に絵を描いてカッターで切り抜いて、上から粉砂糖をふりかけました。ぜひトライしてみてください☆
      そうですね〜♡子どもからもらえると、本当に嬉しさが100倍くらいかもですっ!

      削除