2015年7月28日

夏のノルウェー帰省?今回はパス!


前々から悩んでいた今年の夏のノルウェー帰省。

結果から言うと、

やめになりました。チーン。



色々と理由はあるのですが…


①小猿が元気もりもり過ぎて、親子ともにフライトに絶えられない

我が家から成田、成田での待ち時間、成田からヘルシンキ、ヘルシンキからオスロ、オスロから旦那くん実家最寄駅までの電車(約90分)。トータルで何時間かかるのか計算もしたくない。

2歳まではチケット代がかからないっていうけど、この陸に上がった魚のような子供を膝雨に10時間以上乗せているなんて、無理。考えただけで禿げる。無理。

手のかからない子は世の中たくさんいると思うし、そういう子なら問題ないんでしょうが、うちの子はそうではないという現実、イヤイヤ期真っ最中という現実、受け止めました。そして帰省は諦めました。

②チケット代が高すぎる

普段だったら12万でおつりが来るチケット代。お盆休み中となると倍。二人で50万でも足りないくらい。2往復できるやん。あほらしー。

③旦那くんはお仕事を休めない

なので、時期を7月か9月のシルバーウィークにずらす事も検討しましたが、旦那くんが夏にかけて大きなプロジェクトを動かしているので、今お仕事を2週間休むなんて、絶対無理だということです。日本の会社でお仕事している以上、これもどうしようもない。

④そこまでして帰る理由が見つからない

結局はこれ。元気もりもり動くのが大好きの子どもに、親の都合で無理をさせてまでノルウェーに帰省しなくてはいけない理由が見つからない。絶対に帰らないといけない理由があるのなら、何としても帰るけど、そんな理由が皆無。

「いやいや、ノルウェーの両親に子どもを合わせてあげましょうよ!」と思いました?実はノルウェーの義父母は2年に1度来日するんです。去年も秋に来日していて、来年も来ると言ってはります。せやから…それでいいやん?

旦那くんも以前は「夏には帰省!」と言っていたけど、彼は4月に1度帰省しているので、帰りたい熱は今年はおさまったみたい。



* * * * *


いろいろ賛否両論多い小さい子ども連れのフライト。今回は回避できそうでよかった。「飛行機に乗る」ということが理解でき、楽しめる年齢になったら、たくさん乗せてあげたいなと思います。

ということで、この夏休みは、おとなしく大阪の実家に帰省。家族で四国の山奥に避暑旅行に行くことになりましたー。海でたくさん遊ぶぞー!うどん食べるぞー!桃狩りするぞー!

私の大阪の実家が大好きな旦那くん。嫁の実家でこれだけくつろげる人も珍しいと思うほど。


あと2週間で大阪…

と、自分を励まし、ゾンビのように毎日頑張っています。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2 件のコメント:

  1. 子連れの長時間フライトはうまく行かないと本当にしんどいのでノルウェーに帰らなくて正解かと(笑)
    今年は冷夏でこっちに来てもただ寒いだけな気がしますしね~。

    四国いいな~!!桃大好きなんで桃狩りもうらやましい!!
    楽しんできてくださいね~!!!

    返信削除
    返信
    1. 今年は本当に寒いみたいですね。義家族は、最近電話をするといつも「寒い」「夏がこないまま冬になる」「ベリーが不作」と嘆いています…。

      四国はめちゃくちゃ暑いと思いますが、楽しんできまーす!桃!桃!桃!

      削除