2015年11月21日

クリスマスプレゼント地獄



毎年毎年やって来るこのクリスマスという忌まわしい季節。

いや、クリスマス自体に異論はありません。ノルウェー人にとって大切なイベントやから。ただ、ほんまにやめて欲しいのがクリスマスプレゼント。毎年毎年毎年毎年…もうええやん…。

5人兄弟の旦那くん。姪っ子甥っ子の数も年々増えてます。子どものプレゼントを用意するのは嫌いやない、でも大人のプレゼントは拷問としか表現できない。

もう誰に何をあげたかも忘れるし、何をほんまに喜んでくれはったのかわからへん。私も、もらって困るものが多いし、とにかくとにかく、もう止めたい。今一番欲しいのは、「クリスマスプレゼント制度廃止」の家族間通達。

いつか、「送料がかかるので、私たちのへのプレゼントは要りません。もしどうしてもと言うのなら、子どもの分だけでお願いします」と言いたい。でもまだ言われへん。

旦那くんは、「うちの家族はクリスマスプレゼントを贈るのが大好きやから、気の済むようにさせてあげればい」なんて寛容なふりをしているけど、実は旦那くんもクリスマスプレゼントをもらうのが好きなのでは??と疑っている。

ふぅ…。


でも、ノルウェー人の嫁、今年もぐっと歯を食いしばって頑張りましたで。


つわりでぶっ倒れているので、今年は100%ネットで調達。

今年は「子どもたちは何が欲しい?」とそれぞれの親に直接聞くという荒技を使い、子ども達の分は全て希望通りに揃えました。ガンダムのプラモデルに、新幹線のプラレール、アクセサリーに、可愛いドレス、お人形に可愛い文房具、おばちゃん頑張って見つけたぞ。

食器好きな義姉&義妹は、みんな食器!重たくて送料がかかるけど、もうそんなん気にしてられへん。マリメッコやイッタラなど、日本限定で販売されているものをそれぞれにチョイス。

義母&義父は、富士フィルムでオーダーした小猿のフォトアルバムと来年のカレンダーをプレゼント。これから毎年孫のフォトアルバムやったらあかんかな…?

もちろん、私がめぼしいものを候補として見つけておいて、最終的に何を誰にプレゼントするかの判断は旦那くんにしてもらいます。やっぱりそこは彼の方が家族のことをよく知っているかなと思うし、少しはこのプレゼント地獄に参加しろ!という私の意思表示。


第一弾の食器類は、既にノルウェーに発送済み。重いからめっちゃ送料高くて衝撃的やったわ。今は第二弾のラッピングが終わり、発送するのみ!

プレゼント第二弾!ほぼおもちゃ!


まだ11月やいうのにめっちゃ優秀!

これでプレゼント地獄から解放され、やっと旦那くんと小猿へのプレゼントを考えられる!

夏頃の予定では、今年のクリスマスはノルウェーで過ごそうと思っていましたが、私がまだ安定期に入っていないのと、二人目が生まれる頃にノルウェーの義両親が来日することになったので、今年は日本でクリスマスを過ごすことになりました。実家でゆったりまったり過ごせそうでよかった。

それまでにはつわりが落ち着いていると願い、クリスマスハムを注文しちゃおっかな〜。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2 件のコメント:

  1. 毎年日本からわざわざ本当に凄いですね。感心。
    日本から送ると送料もかかるし、ノルウェーのネットショップで買うっていうのは駄目なんでしょうか。やはり日本ならではの物の方がいいのかな。

    私は日本にいる甥&姪のプレゼントは、昔はノルウェーで買って送っていましたが、最近は専ら日本のAmazonで済ませちゃっています。
    ノルウェーじゃ大した物売ってないですしね。。。(汗)
    つわりも早く終わるといいですねー!

    返信削除
    返信
    1. 私の義家族は基本的にお買い物が大好きで、みんな日本に来たことがあるので、なーんとなく「日本でしか買えないもの」を期待されているような…気がしますね…。日本とノルウェー、品揃えが全然ちがいますもんね(笑)1年に1度のことだと思って、頑張るしかありません…。

      削除