2016年5月10日

運転するとバンビになります。


車がないと生活ができない田舎の地。こちらに引っ越してすぐに車を購入し、先日やっと納車されました。

私はまだ免許を持っていないので旦那くんが運転しているのですが、彼の運転が怖いったら。あの穏やかな性格なので安全運転やろうなと想像をしてはいましたが、安全運転と言うか、安全運転過ぎると言うか、とにかく怖い。

ノルウェーでもそれほど運転をしたことがない上に、10年ぶりくらいの運転やし、左側運転やし、仕方がないかなとは思うけど、怖がりすぎ。まるで怯えるバンビのよう。びっくびく。

テンパりすぎて右折時に対向車の確認を怠る。正面衝突して死ぬかと思った。

法定速度厳守。前の車との車間距離がぐんぐん開く。渋滞を作る。

歩行者も対向車もない小さな交差点でいちいち止まる。なっかなか進まへん。

駐車時にはハンドル切る切る。右に左に不必要に切る切る。いっそがしい。


あまり口出しをすると余計にテンパると思うので私は何も言いませが、心の中では突っ込みまくってます。まあ慣れなので、時間が経てば上達するとは思いますが…。はよ慣れてくれ。めっちゃ怖いねん。



* * * * *


私はと言うと、免許を取るべく教習所へ通い始めました。先日仮免を取り、スケジュール通りに通えたら後2週間で卒業する予定です。教習中は所内にある託児ルームに小猿を預けているので、保育士さんがいる時間しか通えず、少しスローペースで進んでいます。

実は私、オーストラリア在住時に現地の運転免許を持っていました。オーストラリアでは、仮免は筆記試験だけで取得ができ、普通免許を持っている人が隣に乗っていれば仮免でも一般道での運転が可能なので、友人に教えてもらい、いとも簡単に免許を取得してしまいました。

実技試験では、縁石で車を擦り、縦列駐車は3回位やり直したけど、それでも免許をくれるという心の広い国、オーストラリア。

そんなだったので、日本に帰国してからは免許を持っていることも、免許を日本のものに書き換えることもすっかり忘れ、車に乗る必要が全くない生活をしていたというのもあり、あっという間に免許は失効。

今考えたらものすごいもったいないことをしたなと思います。何十万という免許取得費が浮いたわけやからな。

大学院を卒業して少し時間ができた時に、また教習所へ!といきなり思い立ち通い始めたのですが、その時に小猿を妊娠。仮免取得目前まで受講していましたが、万が一事故があった時に赤ちゃんの補償ができないのを理由に退校を促されました。

そして今に至ります…。

旦那くんは、ノルウェーに移住した時のためにマニュアル免許を取れとうるさく、前回はマニュアルで進めていました。しかし今回は時間勝負なので、オートマチックの免許にしました。旦那くんも「最近はノルウェーでもオートマ車は買えるから」と容認してくれました。

運転は上手では無いけれど基本的な操作はできるし、一般道を走った経験もあるので、スムーズに免許が取れることを願うのみです。次男が退院するまでにはスイスイ運転できるようになってないとー!



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿