2016年5月27日

嫁の立場では言われへんわい


旦那くんの妹ちゃん、また来日するみたいです。新しい仕事が見つかりしばらくは気軽にお休みが取れなくなるから、今の間に行っとこうかな、というノリで。

家族が来日するのに直前まで私に言うのを忘れていたという前科がある旦那くん、今回は早めに教えてくれました。

が、来るタイミングがね…。

6月下旬に来日するらしいんです。6月中旬に次男が退院する予定やのに。その頃には生後3ヶ月過ぎてるけど、修正月齢では新生児やからね。ほんまやったら生後数週間やん。新生児みたいに手がかかるんよ。夜中も何回も授乳に起きるんよ。そんな中、来るらしいよ。泊まっていくらしいよ。

ふーーーーーーーーーん。

もうほんまに知らんから。なんもおもてなしせえへんから。赤ちゃんだけで大変やのに、なんであんたの妹の面倒まで見たらなあかんねん。イライライライラ。

彼女は手がかからないから。おもてなしをする必要なんてない。

なんて言ってるけど…。泊まりに来るんやったら受け入れ準備がいるやんか!こーんな田舎やのに1人で移動できへんやんか!送迎したらなあかんやんか!ご飯かてどうすんねん。自分らだけで食べて、何にも食べさせへんわけにいかへんやん!

しかもね、ノルウェーのお義母さんが旦那くんの弟にも「あなたも妹と一緒に、お兄ちゃんのところ行ったらどう?」勝手に我が家へ招待してくれちゃうというね。

もうほんま、やめて…ふつう新生児がおる家に泊まらんよね…。

と言うのは日本人の感覚なんやろか?とブツブツ言っていたら

せっかく日本に来るのに会いに来るのは当たり前じゃないか。文句があるなら直接言えばいい。

私の立場でそんなん言えるわけないやんか!

あーめんどくさー。ほんま。ほんまにあんたの家族は手がかかる。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿