2016年5月4日

子どものプリスクール選び②


前回の続きです(2月上旬のお話です)。

私が虫垂炎で入院をしていたために、当初見学を予定していた時期よりもかなり遅れてしまい、見学に行った時点で、幼稚園もインターも既に来年度の募集が始まってました…。

でもそこはさすが田舎。まだ定員に達していないということで、快く見学させてもらえました。

余談ですが、以前住んでいた東京で小猿を行かせようと思っていたプリスクールは、申し込み日前日の夕方から列ができ、当日の早朝4時以降に並んだ人は入園できなかったと東京のママ友が言ってました…。さすが東京。おっそろし〜。


まず行ったのは、インターのプリスクール。

  • 定員が少ないのに対し先生の数は多く、ひとりひとりに手が行き届いている印象。
  • 工作や歌の時間もあるけど、どちらかと言うと教育に力を入れている印象。
  • ホームページでも謳われていたように、英語、中国語での教育が行われていて、1年間通っている子はそれなりに英語と中国語の理解ができている様子。
  • 一軒家の建物で、新築なのでとても綺麗。小さいけどお庭もあって、外遊びもさせてくれる。
  • 通園は9:00-14:00、通園は週1から週5まで選べる。延長保育も可。
  • 行事は少なめ。

印象は良かったです。こじんまりとしていて、まさにアットホーム。お友達の家に遊びに行くような感覚。先生たちも子どもひとりひとりを見てくれているのがよく分かりました。

次は地元の幼稚園のプリスクール。

  • ひとクラスの定員は20名。
  • 内容は幼稚園の準備といった印象。手遊びや工作だけでなく、トイレトレーニングに、お箸の持ち方、挨拶や食事など生活のマナー、着替えについて全般的に教育がされている。
  • でもどちらかと言うと遊びメイン。子どもたちがのびのび自由に遊んでいる。
  • 通園は週2、3、5から選べる。週2、3の場合は9:00-13:00、週5の場合は9:00-15:00。延長保育可。毎日給食あり。
  • 生活発表会が定期的にあって、季節の行事は多め。
  • 幼稚園に優先入園できる。

インターとは全く違う雰囲気で、いわゆる大きな幼稚園付属のプリスクールでした。でも設備が整っているし、生活のことについて色々と教えてくれるのはありがたいなと。園庭が広くて、夏には水遊びもできるし、外で遊ぶのが好きな小猿にはピッタリだなと思いました。何よりも毎日給食が出るのが嬉しい。

さて、どうしたものか。

初めての集団生活なので、インターの手厚い感じと、小規模なのは惹かれたけど、少人数やと、よそのお母さんとの人間関係ややこしくないかな…と思ったり。この年齢から英語教育と中国語教育が必要なのかという点も、やっぱり気になる。そしてやはり、遠い。免許を取って車で送り迎えすれば気にならない距離かもしれないけど、免許を取るまでの間は辛い。

旦那くんは両方を見学して、どちらでもいいんじゃない?どっちにしても入れば小猿も馴染むよ、と投げやり。

なんやねーん!あんたがインターに行かせたい言うたんやろが!

結局私が決めるんかいな…と思っていたら、ここで決め手になる情報が。

幼稚園のプリスクールで、英語を教えていたんです。週に2日だけやけど、外国人の先生が来て、英語の歌を歌ったり、簡単な英単語を教えてくれる時間があると先生が教えてくれました。

それを聞いて、旦那くんが「幼稚園のプリスクールにしよう。園庭も広くて小猿がのびのびできそうでいいし。」と、あっさり決めました(笑)

私も、もともと幼稚園付属のプリスクールを考えていたので、良かったです。小猿は見学の際も、広い園庭やたくさんのお友達を見て興奮していたので、こちらの方が合っているかなと。

英語に関しては、きっとそれだけ短い学習時間では、なーんにも学習してこうへんと思うけど、たったそれだけでも旦那くんが納得したからヨシとしよう。

のプリスクールだと来年幼稚園に優先入園できるのもいいかなと思っています(そして3歳の誕生日が来たら幼稚園バスに乗れる)。いずれはノルウェーに帰る予定なので、まずはしっかりと日本語を勉強して、日本で集団生活できるようになって欲しいなと思います。

5月の連休明けから週3での通園が始まります。小猿が機嫌よく通えそうであれば、夏休み前くらいから週5への変更も考えたいなと思います。

決まって良かったー!

小猿は、制服や通園バッグを見ては、「よーちえん行くー!」「よーちえん ともだち いっしょ あそぶー!」と言っているので、楽しみにしているみたいです。最近は保育園の一時保育やベビーシッターさんに預けことが多いので、私と離れるのも平気になりました。登園初日も全く泣かなさそうな予感。頼もしいぞ小猿!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2 件のコメント:

  1. 無事決まって良かったですねー!

    それにしても今は愛知でもプリスクールなんてあるんですね。
    長男が一時帰国の際に通っていた幼稚園にはプリスクールは無かったけど、英語の授業、ありました!
    動物の名前などを習ってきて、『象はノルウェー語と一緒だー!』とか嬉しそうに話していましたよ。

    いずれノルウェーに引っ越されるなら、今は日本語に集中で間違いないと思います。英語はこちらでも1年生から学校で習いますし。
    プリスクール生活、楽しんでくれるといいですね♪

    返信削除
    返信
    1. 愛知県全域ではどうかわかりませんが、私の住んでいる市では多い印象です。延長保育もやっているので、保育園ではなく幼稚園に入れているワーママも多いみたいです。

      削除