2016年5月23日

ハーフの子、名付けの難しさ②


このブログで一番アクセスが多いのが、「ハーフの子、名付けの難しさ」なんです。圧倒的にアクセスが多い。やっぱりハーフの子の名付けは難しいんですよね。わかります…。


さてさて次男の名前です。長男が生まれたときに、二人目の名前を既に考えていたのですが、2年経ってその名前がピンと来なくなってしまいました。なので最初から考え直し。

次男の名前も旦那くんの「漢字」というこだわりがあり、そして私の「英語の名前に音だけで漢字を当てない」というこだわりがあり、難航しました。


でもね、またまた閃いたで。


うまく説明できるかわかりませんが、長男と同じアルファベットを使って命名してしまいました。いわゆるアナグラムです。

例えば上の子の名前が「HANAKO」だったとすると、この6つのアルファベットの順番を入れ替えて下の子の名前にしました。例えば「KANAHO」的な感じです。

アナグラムにすると意識したわけではないんです。友達に言ったときに「アナグラムになってる」と指摘されて気付きました。そう言われてますます気に入った息子二人の名前。

そして、次男の名前は最初の部分がノルウェーのお義父さんと同じ名前。これも意識したわけではありません。「ノルウェーでも使える名前」で考えていくと、なんとなくそうなりました。ノルウェーの義理の親は喜んでいたので、たまたまそうなったというのは内緒です。

次男の名前ももちろん漢字です。そして短く、漢字が明快でわかりやすく、発音もしやすく。かっこいい名前がつけられてよかったです。

旦那くんはもともと私の名前と長男の名前を間違えて呼ぶことが多かったのですが(同じアルファベットで始まるので)今は私と長男と次男、3人の名前を混乱しています。大丈夫かいな。



* * * * *

最近ハーフのアスリートがよく活躍しているなと思います。みていると、いろんな名前があって面白いですよね。

ヌンイラ 華蓮(Karen)ベイカー 茉秋(Matthew)
ウィリアムソン 師円(Shane)
九里 亜蓮(Alen)
湊谷 安玲久司朱(Alexis)
キローラン 木鈴(Colin)

うーん、どれも夜露死苦っぽいなあ…。まあ親の好みですね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿