2017年3月14日

プレスクール、ありがとう!


5月から11ヶ月間通った、小猿のプレスクールが修了しました。

感謝、感謝、感謝の気持ちしかありません。

先生も、お友達も、給食も、活動も大好き。涙なく通い始め、毎日プレに行くのを楽しみにしていました。



小猿は早生まれなので、最初のうちはお友達と比べると発達が遅れていて、活動についていけないことも多かったようですが、1年のうちに落ち着いて参加できるようになりました。

小猿の通うプレでは、朝の活動時間が始まると、3分間背筋を伸ばして正座をし、目を瞑って気持ちを落ち着けるという時間があります。これ、結構2歳児にはハードル高いですよね。小猿も勿論夏頃は走り回っていましたが、今ではできるようになりました。

最後の生活発表会では、大きな声で歌い、キレッキレに踊り、生き生きとした姿を見せてくれました。

プレで習った歌をお家でも歌い、習ったダンスをお家でも踊り、作った作品をとても誇らしげに見せてくれて、プレに通いだしてから、ずっと目がキラキラしていたように感じます。


季節の歌や行事など、やはり家庭だけではできない体験を沢山させてもらいました。勿論節分には鬼に追いかけられて、それはそれは怖い思いをしたようです(笑)

トイレトレーニングもプレがあってこそスムーズに行きましたし、英語のお勉強も、プレで興味を持ち始めたから次につながりました。


今小猿が一番好きな遊びは「幼稚園の先生ごっこ」です。エプロンを作ってあげたら喜んでつけて、次男くんに給食を配ったり、絵本を読んであげたり、ピアノを弾いて歌を歌ってあげたり、可愛らしい先生ごっこをしています。小猿がそれだけ楽しい時間を幼稚園で過ごしたということだと思います。


「3歳までは親元で育てなさい」という、古い古い3歳神話を信じる人には、うちの小猿の姿を見せてあげたいですよ。


小猿がプレで楽しい時間を過ごしているのがわかるので、私もお家で次男くんとゆっくり過ごせましたし、気持ちに余裕を持つことができたと思います。引っ越して来たばかりで知り合いが全くいない中、こうして小猿はお友達を作り、私もお母さんがたと話をして、良い気分転換になりました。


旦那くんは、日本の幼稚園がここまで色々と教えてくれる場所とは知らなかったようで、小猿の成長に驚いていました。「ノルウェーの保育園はもっと自由な場所だから。でも、小猿のように元気過ぎる子には、これくらい構造がしっかりとしていて色々と教えてくれる場所の方があっている」とよく分からない納得をしているようです。



* * * * *


うちの小猿のことをとても大切にしてくださった先生がた、ありがとうございました。家だけではなく、幼稚園という安全な空間で家族以外の人に大切にされるという経験は、きっと小猿のこれからの対人関係の基盤になると思います。いつも温かい気持ちで小猿を見守り、一緒に成長を喜んでくださり、本当にありがとうございました!

一緒に遊んでくれたお友達も、ありがとう。春休みも一緒に遊ぼうね。そして年少さんになっても一緒に遊んでね。

素敵なプレスクール生活でした。4月からは年少さんです!制服姿、可愛いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿